冷却水噴いた・・・

6月に入り自粛規制もひと段落したので、念願のF4に乗る事を再開しました。
フルフェイスなのでよっぽど問題ないのですが、一応気を使ってマスク代わりにHYOD COOL NECK BOOSTERをしてます。
走ってれば全然暑くなく、そんなに気になりませんね。
(ちなみに週に2回ほど5Kmくらいジョギングしてますが、マスク代わりにバフをしてますけど夏用なのに結構キツイです(^^;)

さて走った日は気温30度超えるくらい暑かったのでフルメッシュジャケット等の真夏バージョンで乗りましたが、やはり熱かったです・・・
でも久々に乗るF4はやっぱり最高です(^^)

1時間くらい乗ったところで、例の冷却水の甘い匂いが漂ってきました。
多少の匂いはいつもの事なので気にしないのですが、だんだん匂いが臭いと呼べるくらいキツクなり、ちょっと気分が悪くなるほど強くなってきました。
「これは何かおかしいぞ?」と思いましたが、帰宅途中だったので我慢しました。

家に帰りF4を停めヘルメットやジャケットを脱いで普段着に着替え、外に出てふとF4の下を見るとなんか濡れてます・・・
「嘘やん・・・ 何だコレ冷却水なのか?」
005.jpg

急いで左右カウルとアンダーカウルを外してみると、アンダーカウルに冷却水が垂れてます
008.jpg

垂れを追っていくと、どうもリザーバータンクからのホースとタンク蓋から漏れたようです。
一応一通り見てみましたが、ラジエターや冷却水の通路からは漏れていないようです。

私のF4の場合、エンジンが熱い状態でリザーバータンク中央くらいまで冷却水がありますが、冷えている時はリザーバータンクにはほとんど冷却水は残っていません。
なので現状どこまで冷却水が残っているのか不明なのでエンジンをかけてみましたが、すぐにリザーバータンクに冷却水が入ってきたので足りないほど溢れてはいないようです。
走っている時も水温計の表示は別段高くも低くもなってなかったので、単に溢れただけなんでしょうかね?

とりあえず通常の位置まで冷却水を補充しました。
そして他に異常がないか各部をチェックしてたら、エンジン下のオイルフィルターカバー部にオイルが垂れていました・・・

オイルについては長くなるので別記事で書きますが、冷却水は後日走った時には噴きこぼれなく通常通りでした。

------------------------------------------------------------
2020/07/03追記
その後何日かかけて300Kmくらい高速や下道を走ってみましたけど、匂いはすれど噴き出すことはありません。
本当にこの時だけの現象で、全く再現されないので原因不明です・・・
------------------------------------------------------------
2020/08/15追記
また漏れました
この日は最高気温38度で夕方でも30度を軽く超えていたくらい暑い日なので、本当に暑い時は乗っちゃダメですね^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

TAKA
2020年06月10日 15:10
冷却水ですか…私も気を付けてみます。
ちなみに、私のF4は、スタンドでガソリンキャップを開けたら
ガソリンが噴き出してビックリしました。
タンク内の圧力?で個体によっては、そうなるらしいのですが、おかげさまで、二回目からは
ビックリ箱を開けるように、そっとキャップを開けてます
青ブサ@管理人
2020年06月10日 17:59
TAKAさん、コメントありがとうございます。

以前は帰ってくると必ず冷却水はチェックしていましたが、最近は安定していたのでチェックをさぼってましたね。
ここまで噴いたのは初めてなのでビックリしました。

ガソリンキャップを開けた時に「プシュッ!」となったのは暑いときに何度かありますが、ガソリンが噴き出すほどは私のF4だと無いですね。
班長
2020年06月13日 10:38
いつも拝見してます
自分もタンクからガソリン吹き出して
スクリーンにかかって白くなりました
変えればいいからほったらかしてますが。

ラジエター液の匂いしますね!
慣れてしまえばいいかと(笑)
自分はサイドカウル外して乗ってます


青ブサ
2020年06月13日 14:16
班長さん、コメントありがとうございます。

ハヤブサに乗っていた頃は今時期になるとサイドカウル外してましたね。
普通にオーバーヒートするくらい熱くて、乗っていても意識失いそうなくらいでした。